はじめての介護をサポートしたい


みなさん、こんにちは。

今日もマモリアについて書こうと思います。

マモリアの目的のひとつは、

「はじめて介護に直面した家族をサポートする」

ということです。

ブログを読んでくれている皆さんは、おそらくエンジニア、それも20〜30代だとおもいます。

それぐらいの年だとなかなか親の介護ってイメージがつかないかもしれません。

なので、ちょっと想像してみてください。

突然、あなたの親が身の回りのことができなくなったとしたらどうしますか?

普通の人はいきない介護っていっても何をして良いかわからないんですね。

怪我や病気なら治るまで頑張る。ゴールが見えているのでやることははっきりしやすい。

ですが介護は受け入れるところからスタートです。

はじめに頑張りすぎると続かない。

頑張るのではなく、受け入れてどうするか?を考えていかないといけないんです。

不安も多いし、できる限りのことをしてあげたいと思っても、だんだん疲れてきちゃうんです。

終わりがないことに辟易としないように、そうなってしまったことを生活の一部、人生の一部として受け入れる必要があるんですね。

そして、これは誰にでも起きることなんです。

特別じゃないんです。

だから、ちゃんとサポートできる物を作りたいんです。

事実として知らないといけないことを提供する

必要なサポート(介護サービスなど)を見つけられるようにする

不安になったとき、罪悪感に苛まれそうになったときに相談できる場を作る

ということがちゃんとできる場を提供したいです。

そしてキーワードは「はじめて」です。

人はわかってしまえば、それなりに対応できると思うのですが、はじめてが一番大変です。

特に国の制度はいろいろとサポートをしてくれるようになっていますが、知らないとサポートを受けることができません。

「正しく知ること」をサポートすることが、はじめての介護のなかでとても大事なことだと思います。

「はじめての介護」をサポートするためには、常に新しい情報を正しく必要なタイミングで伝えていく必要があります。

みなさんの力を貸してください。

まだまだ、生まれたばかりのサービスで何もありませんが、みなさんと一緒に良い物を作っていきたいと思います。

最後に、まだまだ足りないのですが、サイトをご紹介して終わろうと思います。

mamoria:マモリア はじめての介護を総合サポート


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です