同じ方向を見ようじゃないか?


こんにちは

 
よく、お客様の目線でって話、聞きますよね。
#お客様は、適宜、上司とか利用部門とか読み替えてください。
 
この言葉、はじめは、お客様はこう考えてるから、だったらこうしてあげよう。
みたいに捉えてました。
少なくとも、そう行動していました。

 

でもこれ、ちょっと足りないんですね。
むしろ、間違っている。
なんか、結果をコントロールしようとしている感じがします。
 
もし、お客様が自分だったら?
できることはもっと広がるはずなんです。
お客様の表面化した課題だけでなく、不安や夢、志など、そんな表面からは捉えられないものまで、自分と一体化したら?
頼まれごとは全部、自分がやりたいことに変わる。
そうすると全ての仕事が、単純作業も含めて楽しくなるんじゃないか?
と想像すると、とてもワクワクするし可能性がより広がるんじゃないかと思います。
 
それに、そんなエンジニアがいたら、技術力うんぬん言う前に凄いと思いませんか?
こいつにだったら全てを任せようと思えませんか?
 
まだまだ、そんな境地には達せられていないけど、凄いエンジニアを目指して行きたいと思います。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です